So-net無料ブログ作成

旅行なら楽天トラベル

亀田興毅 那須川天心 [スポーツ]

「KO? もちろん狙いますよ。(相手が)なんぼ強いっていっても、ボクシングでは一戦も(正式な)試合したことないし、プロテストも受けてない。そういう相手に、情けない試合はできひんから。元世界王者としてベストコンディションに仕上げて、天心くんを葬り去りたいなと」

 自信たっぷりにそう語るのは、6月22日に放送されるAbemaTVの3周年特別企画で、那須川天心(20)とのボクシング対決を控える亀田興毅(32)だ。

 現役時代は、挑発的なパフォーマンスを繰り返し、多くの「亀田アンチ」を生み出す一方で、日本人初の偉業となる3階級制覇を達成。内藤大助との一戦では視聴率 43.1%を記録し、“数字を稼げる” 男だった。

 だが、そんな彼もいまや3児の父。失礼ながら、体もやや緩い。かたや相手は、現役バリバリにして、2019年5月には元世界王者の挑戦を退けた、一世代下の那須川だ。亀田は今回、階級差を意識して、「これまでで最重量」に体重を増加。パワーアップを図り、KOを狙う姿勢だ。

 妻と息子3兄弟との平穏な日々のなか、「自分にとってリスクしかない」と苦笑する今回のオファー。それを受けた背景には、息子たちの将来を心配する「家族愛」がある。

 子供たちのボクシング動画を、自身のSNSで公開している亀田。「家族のことは、ほとんど話さんのやけどな……」と言いながらも、本誌に初告白した。

「(息子たちにボクシングを)やらせようとは思ってないです。本人らが好きになって、『どうしてもやりたい』って言うなら別やけど、こちらからやらすような誘導はしない。だって、魅力感じないですもん、いまのボクシング業界に」

 息子に対して、「ボクサーにはなるな!」と語る亀田の心中には、ボクシング界への強い危機感が募っていた。

「ボクシング人口は減り続けていて、全国のジムはどこも赤字。興行の黒字化も厳しい。深刻に考えないと。

 世界チャンピオンでもアルバイトせなアカンっていう現状。トップクラスでも1年で1億円稼げるかどうかじゃないですか。
そんな業界に夢あるんかな。若い人たちに、『ボクシングってカッコいいな、俺もやりたいな』って思ってもらわないと未来はない。

 でも、自分は業界のために今回の闘いを引き受けたけど、ボクシング業界はこういう企画に反対する人もいる。『じゃあ自分たち、何がやりたいの?』って話なんですよ。自分と天心くんがやることで、ボクシングという競技にファンを取り込まないと」

 そんな「決意」の一戦。最愛の妻への相談はあったのか。

「(嫁とは)中2からつき合いだしたんやけど、そのときから自分は、『こいつと結婚する』って決めてたんですよ。嫁とはボクシングの話もしないし、今回の試合についても特になにも話してないです。自分はなんでも、一度決めたら絶対に曲げないんです。嫁もそれを知ってますから」

 2018年5月、引退試合として1試合限定で “復帰”。現役時代に、プロ初黒星を喫した因縁の相手、ポンサクレック・ウォンジョンカムに雪辱を果たした。しかしそれ以降、トレーニングはまったくしていなかったという。

「ただ、ボディは鍛えてましたよ。アルコールで(笑)。引退してから、酒ばっか飲んでましたから。特に自分がウイスキーにハマってからは、家で嫁とも飲んでます」

 だが、元3階級王者も酒には “KO” されることが……。

「ふだん、嫁に怒られるようなことはないんですけど、酒で他人様に迷惑をかけたときだけは怒られました。自分、酒を飲んで寝ちゃうと、3時間は起きないんですよ。

 タクシーでも、『運転手さーん、あと何分ぐらい~?』なんてしゃべってるのに、『パタン』って糸が切れたように落ちるらしくて。で、気がついたら警察の中におったりする。そういうときだけは怒られますよね」

 もちろん今は禁酒中。それほど那須川戦への思いは強い。

「今後の復帰は、1000%ない。ただ今回、歴史的一戦が実現したのは、嬉しく思ってます。令和にも、亀田興毅の爪痕を残そうと思う。天心くんからしたらオヤジやろうから、『オヤジ狩り』に遭わんように気ぃつけときますわ」


(週刊FLASH 2019年7月2日号)

共通テーマ:スポーツ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。